ホットペッパーなど多くのポータルサイトからの集客が減る理由と対策

ポータルサイトというと、Yahooなどの総合的な情報を提供しているWEBサイトもありますが、ここでは食べログやホットペッパービューティー、税理士など専門分野に特化したWEBサイトについてのお話しです。

今はさまざまな業種でポータルサイトが存在するわけですが、ユーザーには簡単にお店や事業所のサービスを比較できるというメリットがあります。

その一方で、お店や会社・事務所にとっては、ポータルサイトが持つ強力な集客力が魅力なのですが、一部ではだんだんとその集客力に陰りが見え始めてきました。

「ポータルサイトからの集客が減ってきている」
「期待するほどポータルサイトから集客できていない」

もしこのように感じているなら、この記事を読むことによって、ポータルサイトの集客力が落ちている原因と解決策について知ることができます。

ポータルサイトからの客数が減る理由

ポータルサイトからの客数が減る原因はGoogle

食べログやホットペッパービューティーに代表される専門特化したポータルサイトは、その情報量の多さから、ユーザーが検索した結果の上位に表示されていました

検索結果の上位に表示されるということは、WEBサイトに訪れる人が多い、ということですから、通常一つの企業が広告でユーザーを集めることができる数以上に、多くのユーザーを獲得することができていました。

しかし、ここ数年でその状況が大きく変わってしまいました

このように検索結果の上位には、Googleマップが表示されるようになったのです。

つまり、食べログやホットペッパービューティーなどのポータルサイトは、Googleによって検索結果の2番目、3番目に追いやられてしまったということです。

1位でなくても1ページ目にあるから問題ないのでは?

そう思われるかもしれませんが、スマーフォンからの検索が増えた今となってはとても大きな問題です。

検索結果が『文字だけ』ならまだいいのですが、スマーフォンの小さな画面では、1位に表示されているGoogleマップだけで画面が占領されてしまいます。

例え2位、3位でも上にGoogleマップがあると、下にスクロールしなければ全く見てもらえないのです。

Googleは口コミを集めている

Googleはマップ上にレビューを表示させて、Googleマップをあらゆる業種のポータルサイトにしようとしています。

そのため、スマートフォンのユーザーに対して、訪れたお店や事業所の評価依頼をして、積極的に口コミを集めているわけです。

これは当然、Googleマップを使う人を増やして、そこから広告収入を得るためですが、ユーザーにとってもお店や事業所の公平なレビュー・口コミがたくさんあり、比較検討ができるだけの十分な情報が地図上に表示されていれば便利ですよね。

ほとんどのユーザーにとって、食べログやホットペッパービューティーである必要性はない

専門特化したポータルサイトを使うユーザーのほとんどは、口コミを含めた必要な情報があり比較できればどこでもいいはずです。

もちろん、お店などが発行しているクーポンは魅力的ですが、当然Googleもクーポンの機能を用意しています。

さすがにGoogleともなれば、ユーザーが比較検討できるように、そしてお店や事業所が必要になる機能はそろえつつ、簡単な操作で運用できるようにシステムをつくっているので、後は利用するユーザーの数を増やすだけです。

そのために、検索結果の上位表示させ、一方で口コミを増やしているのが今の段階だということです。

多くのポータルサイトは既存のアプリ利用者の奪い合いになる

多くのポータルサイトが検索結果の上位を奪われ、検索からの集客数(新規客)が減る傾向にあるので、

  • アプリを利用している既存のユーザー
  • 口コミ数など情報が少なく、まだGoogleマップに満足できないユーザー
  • クーポン目当てのユーザー

このような利用者が中心のサービスになってしまいます

既にアプリを利用しているユーザーはそのサイトの利用頻度が高い可能性がありますが、比較するためのサイトをよく利用するということは、毎回違うサービスを利用するということなので、クーポンを目当てにしたユーザーである可能性も高いと考えられます。

そんな移り気な顧客を高い広告費を払って奪い合っている

一部ではそんな状況になっている業界も、既にあるのではないでしょうか。

解決策はGoogleマップとオウンドメディア

Googleマップ対策としてGoogleマイビジネスに取り組む

『ポータルサイトからの集客が減っている』

この問題の解決策はシンプルです。

なぜなら、Googleマップが検索結果の上位にあるのであれば、Googleマップで表示されるようにすればいいだけだからです。

ただ、検索結果のGoogleマップに表示されるのは3つの事業所だけです。この3つに入るためにはGoogleマイビジネスというGoogleが用意した無料のサービスに登録して、運用していかなければいけません

以前からあるサービスなので、その存在を知っている人も多いのですが、前からあるがゆえに、その重要性に気付かず、まともに運用している事業所はほとんどないのが現状です。

まだこれからユーザー数が増えていくサービスなので仕方ないですが、こういったサービスは早く取り組んだところが先行者利益を得るのがいつものことなので、

まだ運用していない!

という場合は早く取り組んだ方がいいでしょう。

ホームページやブログ、オウンドメディアなどの記事で集客する

ポータルサイトやGoogleマップからの集客は『今すぐ客』を獲得するやり方です。

よく『今すぐ客 』は市場の約1%と言われるように、その数は決して多くはありません。もう少し正確に言うと、『そのうち客』がその何十倍も市場にはいる、ということです。

『そのうち客』は名前の通り、『そのうち』『いつか』と思っている人たちなので、すぐには購入してくれません、

しかし、商品やサービスに興味・関心があり、情報収集はしている人たちです。

そして誰でも情報を探すときは必ずインターネットで検索をします。

この検索をした結果に、あなたのお店や会社・事業所の情報が表示されるようにするのが、ブログやオウンドメディアの記事になります。

インターネット上に役立つ情報を用意しておくだけで、24時間・365日、未来の見込み客に対して自店や自社の存在をアピールしてくれるわけですから、その効果は計り知れません

悩みを解決する商品やサービス、あるいは専門性が高いサービスは、特に有効な方法なので是非チャレンジしてください。

ポータルサイトへの掲載も続けるが広告費は削減していく

これまでの話で、ポータルサイトはもう価値がないような印象を受けたかもしれませんが、そんなことはありません。

まだまだたくさんのユーザーが利用しているので、利用しない手はありません。

しかしメインの集客法ではなく、あくまでも一つの集客経路・入口としてとらえて掲載を続け、広告費を増やすことよりもターゲットを絞って広告費を削減していく方向で考えるのがベストです。

ということで次は、ポータルサイトにおける集客の具体策について見ていきましょう。

食べログやホットペッパービューティーなど、ポータルサイト集客のコツ

ポータルサイト集客のメリット・デメリット

まずはポータルサイト集客のメリット・デメリットをまとめておきます。

メリット

・新規顧客を獲得できる(特に若い世代)
・WEB上の予約システムを使えば電話予約による対応をしなくてもよい
・ホームページの代用になる

デメリット

・広告費が必要
・クーポン利用客が多く、リピート率が低い
・キャンセル率が高い傾向にある

ポータルサイト集客のコツ

ポータルサイトを利用したい人は、手軽に多くのお店や事業所を比較して選びたいと思っている人達です。

つまり『どこを比較してもらい、選んでもらうか』を、常に考えなくてはいけません

ライバルたちが単品のサービスを特価で提供しているなら、複数のサービスを組み合わせたこだわりのプランを初回限定特価として用意する。

あるいは、対象となる利用者が少なくなったとしても、ライバルがアピールしていないニッチなサービスを前面に出す、など常にライバルと比較した時に選ばれるためには、何を(どこを)アピールすれば選んでもらえるのかを考えます。

そのアピールするポイントを補強し、強調し、より魅力的に見えるようにクーポンや写真を上手く利用しましょう

ターゲットを決める

単に特別価格を提示して、価格競争をしても一回限りのバーゲンハンターが来るだけです。

そうではなく、まずはどのような人に来てもらいたいのか、ターゲットを明確にします。

ターゲットが望む商品やサービスで、ライバルと比較してどこを訴えれば選んでもらえるのか、という視点が必要です。

クーポン

クーポン・割引は初回の購入にとても有効な手段ですが、単純な値引きは飽きられています。

広告宣伝として極端な割引に走るケースもよくありますが、それがリピートや新規客の増加につながっているかは疑問です。

やはり、ターゲット顧客が欲しい!買いたい!と思う商品やサービスを、試してみたいと思う価格で提供するのが一番です。

つまり、10人が見ても9人は興味を示さないけれど、ターゲットである1人は高い関心を示すような内容と価格の組み合わせがいい、ということです。

写真

どのような業種であっても、写真は印象の良し悪しに大きく影響します。

店内や室内の全体が写った写真を無造作に掲載しているケースも多いですが、果たしてそれは必要なのでしょうか?

アピールするポイントはどこか、を考えていくと、こだわった座り心地の良いイスをアップで撮影した方がいいのかもしれません。

ターゲットが魅力を感じるであろうポイントを考えて写真を掲載しましょう。

口コミ

ポータルサイト内の口コミは、どこのサイトでも重要視されています。

今後はお客様にレビューを依頼するのであれば、ポータルサイトよりもGoogleマップへのレビューを優先した方がいいと思いますが、いずれにしても積極的に評価してもらえるように働きかけましょう。

ブログ機能

ポータルサイトによってはブログ機能や投稿機能があります。

サイト内でのキーワード検索に対して有効な手段になるので、ターゲットが検索しそうなキーワードに対して記事を書くようにしましょう。

価格が最優先ではないお客様を獲得するには、こういった検索に対する対策が重要になります。

プロフィール、人柄

初めて訪れるお店や事業所には、どのような人・スタッフがいるのか事前に知りたくなるものです。

時々、スタッフが顔を隠して写っている写真がありますが、それでは意味がありません。

お客様に不安を感じさせないためだけでなく、フィーリングが合う人に来てもらうためにも、どのような人物かがわかるプロフィールと写真にしていきましょう。

ミッション、理念、価値観、想い

極論すると、小さな会社や個人にとって、最大の差別化は人そのものです。

どのようなミッションや理念で仕事をしているのか、ミッションや理念という言葉でなくても、どのような価値観や想いをもって日々仕事をしているのか語りましょう。

このような文章はほとんど読まれることはありませんが、それでも一部の人は読んで共感をしてくれます。

その一部の人がコアなファンになってくれる可能性が高いのです。

ポータルサイト集客のコツまとめ

  • ポータルサイトはライバルと比較される場所なので、ターゲットに比較された時に勝てるポイントを常に考える。
  • ターゲットに対して『勝てるポイント』を最大限アピールするために写真やクーポン、投稿などの機能を活用する。

集客経路はたくさん持つ|ポータルサイトには頼らない

集客経路が一つなのは危険

集客経路が一つしかないということは、そこから集客ができなくなったら終わり、ということです。

必ず複数の集客策を持っておき、一つの方法が上手くいかなくなっても、他でカバーできるような体制にしておかなければ、安定してビジネスを続けていくことはできません

まずはポータルサイトに過剰な期待はしないことが大切です。

連絡先を取得する

ポータルサイトからの集客に限らず、顧客の連絡先を教えてもらい、いつでも連絡ができる状態にしておきましょう

特別企画やセールスの案内など、直接連絡ができる顧客の数が増えれば、それだけで売上は安定します。

メールアドレスや住所、Lineなどアプローチできるものであれば何でも構いません。

立地によってはチラシが有効

そもそも期待したほどポータルサイトから集客ができない場合は、チラシが有効かもしれません。

住宅地で駅から距離がある、あるいはターゲットの年齢層が高い場合などは、インターネットで今すぐ客を集客するよりも紙媒体の方が反応がとれることがよくあります

またこのような場合は、インターネットはそのうち客を集客するために使う方が効果的なので、ブログやオウンドメディアで記事を充実させることを検討するとよいでしょう。

そのうち客にもアプローチする

そのうち客は商品やサービスを購入するまでに時間がかかります。

そのため、労力のかからない方法で関係性を持ち続けるのが一番良い方法であり、それを実現できるのがブログやオウンドメディアです。

そのうち客の幅広いニーズに対応できるコンテンツ(情報・記事)を、一度インターネット上に用意しておけば、後は記事が勝手にインターネット上で認知を広げてくれます

最初に記事を用意するのは大変ですが、やった分が全てインターネット上に残り続けるので、その分資産が積みあがっていきます。

インターネットを有効に活用したそのうち客へのアプローチも取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • GoogleがGoogleマップを、あらゆる業種のポータルサイトにしようとしているため、既存のポータルサイトの集客力が落ちている。
  • 今は移行期なので早くGoogleマップ、Googleマイビジネスに取り組むとライバルに先行できる。
  • ポータルサイトは比較したい人が訪れる『比較される場所』なので、常にライバルと比較して選ばれる理由をつくりこむ。
  • 『今すぐ客』だけではない『そのうち客』の集客が安定と発展のカギで、特に悩みやこだわりが強い商品・サービスを扱っている場合は、ブログ、オウンドメディアでの情報発信が必須。