MEO対策とは?上位表示に影響する要素ランキング2018も紹介

MEO対策やローカルSEO、ローカル検索などたくさんの言葉がありよくわからない!なんてことありませんか?地域ビジネスをする会社や個人にとって欠かすことのできないMEO対策やローカルSEOについて解説するとともに、なぜMEO対策が必要なのか、どのようなメリットがあるのか、そして上位表示に影響する要素のランキング2018年度版を紹介します。

この記事を読めばMEO対策の意味とやるべきことがわかります。

MEO対策とは?ローカルSEOとの違いは?

MEO(エムイーオー)とはMap Engine Optimization(マップエンジンオプティマイゼーション) の略で「マップエンジンの最適化」という意味です。

もっとわかりやすく言うと、Googleマップ上でお店や事務所などを優先的に表示させるための施策ということになります。

MEOと似た言葉にSEOがありますが、これはSearch Engine Optimization「サーチエンジン最適化」の略で地図ではなく、一般的な検索結果で上位に表示させるためにする施策です。

もともとSEOという言葉があり、そこからMEOという言葉が生まれたようですが、Googleのおひざ元であるアメリカではMEOという言葉は使われていません。海外ではローカルSEOやローカルサーチと呼ばれているので、MEOという言葉はおそらく和製英語のようなものなのでしょう。

しかし、日本ではMEOという言葉が一般化しているので、ローカルSEOというより、MEOと言った方が話が通じることがあります。

いずれにしても、「近くのカフェ」「六本木 居酒屋」など、地域情報を調べるためにする検索をローカル検索といい、検索結果の上位に表示されるようにする取り組みがMEOであり、ローカルSEOだということです。

MEO(マップエンジンの最適化)とは地図上(ローカルパック)でお店や事務所などを優先的に表示させるための施策。

「近くのカフェ」のように周辺のお店を検索してみると、Googleの検索結果に地図が表示されますが、これを「ローカルパック」と呼び、この地図情報で最初に表示される3つに入ることがMEO対策で目指すことになります。

検索結果の上位にGoogleマップがある

ただし、地域情報を探すキーワードの検索結果の全てに地図が表示されるわけではありません。

そのため、ローカルSEOと言う場合は、検索結果に地図が表示されていなくても、検索する場所により検索結果が変わるローカル検索に対する施策も含めて語られることが多いようです。

ローカルSEOとは、MEOと同じ意味として使われることも多いが、Googleマップ上の表示を最適化させるだけでなく、検索する場所によって検索結果が変わるローカル検索全体の最適化まで含まれる。

ちなみに、「地図上にビジネス情報を表示させる」ということを考えた場合、Googleマップの他にも、ヤフーロコ、Apple Maps、株式会社ゼンリンが提供する地図などがあります。

Yahoo!の地図上にビジネス情報を表示させるYahooロコプレイスは既にサービスを終了していますが、iphone標準の地図アプリであるApple MapsはApple Maps Connectから登録できます。

検索エンジンとして圧倒的なシェアがあるGoogleの検索結果の上位に表示されるところに、Googleマップの対策をする意味があるわけですが、iphoneユーザーが多い日本ではApple Mapsを地図アプリとして使っているユーザーも多いのではないでしょうか。

地域のお店や事業所を検索する場合に地図アプリを起動して、地図上で検索するユーザーも一定数は必ずいることと、飲食店を探す時など利用シーンによっては地図アプリで検索するのが一般的な場合もあります。

SEO対策と言えばGoogleに対してであり、検索エンジン第2位のBing(全世界・全デバイスの場合)についてはほとんど無視されている状況ですが、MEO対策として考えるとApple Mapsの対策はしておいて損はないはずです。

MEOと言えば、主にGoogleマップで優先的に表示されるように対策することを指しますが、Apple Mapsにはビジネス情報を登録しておいた方がよい。

MEO対策が地域ビジネスの集客に役立つ理由

スマートフォンの普及という背景

総務省の通信利用動向調査の結果によると、平成29年度における20歳以上のスマートフォン保有率は75.1%にもなります。

年齢別に見ても、65~69歳で62.4%、70~74歳で50.5%がスマートフォンを保有しており、あらゆる年齢層がスマートフォンを使っていることがわかっています。

Googleはローカル検索に力を入れている

スマートフォンの普及が進むのに応じて、Googleは2014年にGoogleプレイスとGoogle+というビジネス情報を取り扱うサービスをGoogleマイビジネスに統合しました。

そして2015年にヴェニスアップデートという検索アルゴリズムの更新があり、検索ユーザーの位置情報を考慮した検索結果を表示するようになりました。

ヴェニスアップデートとは、地域性が関係するキーワードに対して、検索ユーザーの位置情報から周辺の情報を検索結果として表示するようになりました。これにより、検索キーワードに「地名」や「近くの」という言葉を含まなくても、近くにあるお店などが上位に表示されるようになった。

さらに2017年頃からでしょうか、GoogleはTVコマーシャルを使ってローカル検索のやり方を一般の人たちに広めています。

Googleアプリ:いま、焼肉ランチが食べたいから。

手元にあるスマートフォンですぐに調べることができるので、誰もが「ちょっとしたこと」でもすぐに検索するようになりました。

近くのお店を調べるといったことも、パソコンでしかインターネットに接続できなかった時には今ほど頻繁に検索しなかったですよね。

Googleトレンドで『近くの』というキーワードを調べてみても、年々増え続けているのがわかります。つまりローカル検索の数が増えているということです。

『近くの』というキーワードの使用は増加している

飲食店などのお店だけでなく、昔はタウンページで調べていたような業種も、スマートフォンで検索し、その検索結果の上位にGoogleマップが表示されているからMEO対策が重要だ、ということです。

Googleによる調査結果

ここでGoogleによる調査結果を紹介します。

スマートフォンでローカル検索を行ったユーザーの内18%が24時間以内に購入しており、ローカル検索ではない場合の7%に比べて高い割合で購入につながっている。

スマートフォンでローカル検索を行った消費者の50%が24時間以内に店を訪れる

引用元:Google Understanding consumers’ local search behavior

また、Googleにおける検索の内46%はローカル検索だという調査結果もあります。(引用元:hubspot.com

画像出展:hubspot.com

地域の情報を検索するローカル検索は、その目的が明確で店舗やサービスを探している確率が高くなります。そのため、検索ユーザーの目にとまることができれば、来店や来院、来所につながる可能性も高いということです。

また、最近は食べログやホットペッパーなど、あらゆる業種のポータルサイトで広告費の増加によって費用対効果が悪化する傾向にあること、そしてホームページやブログなどSEO対策で上位表示する難易度が年々上がってきている状況があります。

こちらの記事ではポータルサイト集客が難しくなってきた原因と解決策を解説しています。

MEOはSEOと同じで最適化する施策なので、対策をした場合としない場合では表示順位に大きな差がでることになります

しかし現在、MEO対策を本格的に行っているお店や事業所は少なく、比較的簡単に優先的に表示させることができ、集客につなげることができることも重要なポイントです。

MEO対策のメリット

MEO対策をするメリットには以下のようなものがあります。

  • SEOで上位表示を狙う場合は全国のライバルと戦わなければいけませんが、ローカル検索の場合は商圏内にいるライバルと順位を競うことになるので、比較されるライバルの数が少なく、多くの地域では強い相手はいない
  • SEO対策よりもやることが明確で労力も少なくて済むのに、SEOの検索結果よりも上位に表示され、クリック率が高い。
  • SEOが半年~1年はかかるのに比べて、MEOでは優先的に表示されるまでの時間が数日~数週間と短い
  • 検索ユーザーが地図で店舗までの道順を確認したり、スマートフォンから直接電話で問い合わせをするなど、行動を起こすのに利便性が高く、ホームページがなくても集客が可能
  • 初期費用や月額利用料はなく、無料でできる
  • 自店・自社のビジネス情報に接した時に、特徴や強み、口コミまで見てもらうことができ、お客様とのコミュニケーションもできる

MEO対策が有効な業種

  • 美容系・・・ネイルサロン、美容院、マツエク、エステサロン、マッサージ、リラクゼーションなど
  • 飲食系・・・居酒屋、和食、レストラン、カフェ、焼肉屋、ラーメン店、バーなど
  • 医療系・・・歯医者、眼科、病院、耳鼻科、小児科、産婦人科、整形外科、美容外科、薬局など
  • 民間療法系・・・整体、カイロプラクティック、鍼灸、産後ケア、整骨院、カウンセリングなど
  • 介護系・・・デイサービス、老人ホーム、デイサービス、リハビリテーション、障害者支援施設など
  • 士業系・・・弁護士、税理士、会計士、司法書士、行政書士など
  • 不動産系・・・注文住宅、仲介、賃貸、レンタルオフィスなど
  • 教育系・・・学習塾、予備校、専門学校、語学教室、カルチャー教室、料理教室、ソロバン教室、保育園など
  • スポーツジム系・・・フィットネスジム、スポーツクラブ、スイミング、ヨガ教室など
  • 宿泊系・・・旅館、ビジネスホテル、シティホテル、民泊、カプセルホテルなど
  • 小売系・・・食料品、アパレル、日用品、電化製品、家具、雑貨、リサイクルショップなど
  • トラブル解決系・・・鍵の修理、水漏れ修理、iphone修理など
  • 相談系・・・コーチ、コンサルタントなど
  • 自動車バイク系・・・車バイクの販売、中古車販売、バイク販売、車バイクの修理
  • その他・・・便利屋、庭師、写真スタジオ、ホームページ作成、アミューズメント施設、結婚式場など

BtoC(対一般顧客)ビジネスが主に対象となりますが、BtoB(対企業)において全く役に立たないわけではありません。

後で紹介しますが、地図が表示されない検索結果についてもMEO対策として取り組む内容が上位表示に影響するという調査結果があるからです。

BtoCビジネスにとっては直接集客につながる施策ですが、BtoBビジネスにとっては間接的に集客につながる施策となり、ホームページ集客の入り口の一つとなる施策になります

MEO上位表示に影響する要素

Googleマップ上でライバルよりも優先的に表示されるにはどうすればいいのでしょうか?

Googleによる説明

Googleのヘルプの中にこのような記事があります。

『Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する』
https://support.google.com/business/answer/7091

この中で、

ローカル検索結果に表示されるビジネスの掲載順位は、Google マイビジネスを使って改善できます。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善するより引用

との記載があり、

”ローカル検索結果の掲載順位が決定される仕組み”

として、以下の3つの項目が挙げられています。

関連性
関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

距離
距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度
知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

Google のローカル検索結果の掲載順位を改善するより引用

MOZの調査結果

またGoogleが発表している内容とは別に、検索順位に影響する要素についてひとつの調査結果を紹介します。

アメリカの会社で古くからSEOに関する情報やツールを提供しているMOZが発表した、「2018年ローカルファインダーランキング要素」という調査結果があります。

1位 グーグルマイビジネス 25.1%
   検索している人からの距離、カテゴリー、キーワードなどの関連性など
2位 リンク 16.53%
   リンクされている数、リンクしているサイトの強さなど
3位 レビュー 15.44%
   レビューの数、頻度、多様性など
4位 ページシグナル 13.82%
   名前、住所、電話番号があるか。キーワードの有無、ドメインの強さなど
5位 サイテーション 10.82%
   他のサイトにあるビジネス情報(名前、住所、電話番号)が一致しているか。
   インターネット上でのお店や会社の知名度・人気度
6位 行動シグナル 9.56%
   リンクのクリックやスマホから電話した数、予約した数など
7位 パーソナライゼーション 5.88%
   検索した人がWEB上でどのように行動しているか
8位 ソーシャル 2.82%
   FacebookやTwitterなどでの活動

これらの要素をGoogleが判断してマップ上に表示するお店や会社を決めているということです。

Googleが発表している3つの要素とあわせて考えると、手掛かりになりそうですね。

まず調査結果では、Googleマイビジネスの情報が4分の1を占めているわけですから、そこに注力すべきなのは間違いありません。(GoogleもGoogleマイビジネスで順位を改善できると言っています!)

2位のリンクは他人がしてくれることなのでコントロールできませんが、3位のレビューや4位、5位あたりのことは対策が打てそうだ、ということがわかります。

次に、MOZによる研究結果のもう一つ、Googleマップ以外のローカル検索結果のランキング要素が以下です。

1位 リンク 27.94%
   リンクされている数、リンクしているサイトの強さなど
2位 ページシグナル 26.03%
   名前、住所、電話番号があるか。キーワードの有無、ドメインの強さなど
3位 行動シグナル 11.5%
   リンクのクリックやスマホから電話した数、予約した数など
4位 グーグルマイビジネス 8.85%
   検索している人からの距離、カテゴリー、キーワードなどの関連性など
5位 サイテーション 8.41%
   他のサイトにあるビジネス情報(名前、住所、電話番号)が一致しているか。
   インターネット上でのお店や会社の知名度・人気度
6位 パーソナライゼーション 5.88%
   検索した人がWEB上でどのように行動しているか
7位 レビュー 6.47%
   レビューの数、頻度、多様性など
8位 ソーシャル 3.47%
   FacebookやTwitterなどでの活動

かなり順位が入れ替わりましたね。

これは検索結果に地域情報が表示されているけれども、Googleマップが表示されていない場合のランキング要素です。

1位のリンクとほぼ同じぐらいの割合で、ページシグナルが2位にきています。

所在地などの情報だけでなく、検索したキーワードが含まれているか、などページの内容やサイト全体の評価が重視されていることがわかります。

MEOで上位表示する具体策

MEO対策をするには、Googleマイビジネスへの登録をしておかなくてはいけません。

まずはGoogleマイビジネスへの登録をします。その後、オーナー確認をして詳細なビジネス情報を整備していきます。

情報が充実しているかどうかで印象がこれだけ違う

下の写真の左側が情報を登録している場合で、右側がビジネス情報が登録されていない状態です。十分な情報があるかないかで、印象が大きく変わるのがわかるはずです。比較検討されるのは仕方ないことですが、検索ユーザーからどのように見えているのか、常に意識しておく必要があります。

Googleマイビジネスへの登録方法や気を付けるべきガイドラインについて、こちらで解説しています。

そもそもGoogleマイビジネスとはどのようなものか、解説しています。

基本的な情報の登録が完了したら、日々の運用としてすることは、写真や動画、短い文章で情報発信をすることと、レビュー・質問への返信です。

やることはFacebookなどのソーシャルメディアに近いイメージなので、それほど大きな負担になることはなく、1日5分で運用することができます

Googleマップで上位に表示させるための3つの対策。

Googleマイビジネスへのビジネス情報の登録が全てできていることを前提に、Googleマップで上位に表示させるための対策として重要なのが次の3つになります。

検索キーワードとの関連性

カテゴリーやビジネスの紹介文、投稿された記事の内容など、ユーザーが検索したキーワードとの関連性が高いほど表示されやすくなります。

お客様が検索するであろうキーワードを特定し、その内容に合った記事や説明文を投稿することによって関連性を高めることができます。

知名度・サイテーション

インターネット上にあなたのビジネス情報がたくさんある方が人気度・知名度が高いと判断されやすくなります。ホームページだけでなく、ソーシャルメディアや各種ポータルサイトなど、ネット上での露出を増やし、それぞれのサイトにおけるビジネス情報を完全に一致させる必要があります。

レビュー

お客様からのレビューをもらう取り組みと、レビューへの返信をします。必ずしもレビューの数が多ければ優先的に表示されるわけではないので、頻度や多様性も重視するべきです。一番取り組みにくい課題ですが、レビューを見て比較検討されるケースは多いので地道に継続して取り組んでいきたいポイントです。

Googleマイビジネスの登録の仕方や運用方法、強いライバルがいる場合の取り組み方、ホームページで集客する方法など、完全無料のメール講座を用意しています。以下で内容を確認してください。

https://idealwork.jp/chiikiichiban-web-syuukyaku-kiso/

MEO対策の料金相場とMEO代理店の選び方

MEO対策はやりたいけれど、なんだか難しそうだから代理店に頼もうかな。そう思う人もいるかと思うので、一般的なMEO対策の代行会社を選ぶ時の注意点を見ていきます。

MEO対策は成果報酬がいいか月額固定がいいか?

ほとんどのMEO代理店の料金体系には成果報酬と月額固定があります。成果報酬の場合、特定のキーワードが上位3位以内に表示された日数×日額成功報酬で支払う金額が決まり、中には月の上限金額を設けている会社もあるようです。上位3位以内に表示されなければ報酬は発生しないという、一見すると魅力的なプランのような気がしますが、実は微妙な料金体系です。

その理由は、検索結果の上位3つに表示されるかどうかは、検索した人とビジネス拠点との距離が大きなウェイトを占めているからです。

緯度と経度で指定した場所から検索した結果を表示することは簡単にできるので、一通りの対策をしたにもかかわらず上位表示できなければ、より近くから検索すればどこかで3位以内に表示されることになります

極論すると、お店や事務所の目の前で検索すれば、間違いなく3位以内に表示されるわけなので、どの地点で検索をした結果をもって3位以内に入ったかどうかの判断をするかどうかが問題となります。近づきすぎるとアクセス数が少なくなるので、さすがにお店の目の前ということはないでしょうが、いくつかのキーワードがあれば、そのうちの1つや2つは距離とアクセス数のバランスがとれるものがでてきます。

成果報酬の成果の部分が、来店や問い合わせではなく、表示された順位であることが微妙なポイントです。

月額固定の場合は何位に表示されていようが、来店や問い合わせが増えたかどうか、費用対効果があったかどうかに意識を向けることができます。

MEO順位チェックツールは必要か?

結局のところ、MEO対策をする目的は集客なので、今よりも集客ができるかどうかが問題なので、順位チェックツールがあるかどうかといったことは報告書の見栄えを良くする程度のことでしかありません。

Googleマイビジネスの標準機能でどのような検索キーワードから閲覧されたかを知ることもできるので、表示された順位を知らなくても、意図したキーワードで集客できているかどうかを知ることは可能です。

意地悪な言い方をすれば、見栄えを良くするために無駄なところにコストをかけているとも言えます。

成果報酬、月額固定のどちらの場合も最低でも半年契約が条件になることが多く、ほとんどの会社が月額1万~3万円+初期費用の範囲に収まると思います。

MEO代理店を選ぶ時の注意点

信頼できる代理店かどうか判断するのは簡単ではないかもしれませんが、以下のような代理店はやめておきましょう。

  • 自作自演でレビューを増やそうと提案してくる代理店
  • 過剰にキーワードを詰め込もうとする代理店
  • ビジネス名称にキーワードを入れようと提案する代理店

これらはGoogleのポリシー違反にあたり、最悪の場合お店や会社のアカウントが削除されてしまいます。実際に代理店が他のお店でポリシー違反をした為に、その代理店が管理するアカウントの全てがペナルティーを受けたという事例もあります

運用を代行してもらう場合は注意して代理店を選びましょう。

MEO対策は自社で運用するのがおススメ

MEO対策であるGoogleマイビジネスの運用はFacebookなどのソーシャルメディアとほとんど同じです。それくらい誰でも簡単に使えるように設計されているので、Googleマイビジネスの運用だけであれば外注するほどのことではない、というのが正直なところです。

対策する検索キーワードの選び方やどのような情報を発信するか、といった難しさを最初は感じると思いますが、やってみなくてはわからないことも多いのも事実です。

FacebookとTwitter、アメブロの更新などソーシャルメディアの運用をまとめて外注するのとでは根本的に作業量が違いますので、まずは自分で運用してみて、使い方や仕組みを理解したうえで効果が期待できる代理店を探すことをおススメします

まとめ

  • MEO(マップエンジンの最適化)とは地図上(ローカルパック)でお店や事務所などを優先的に表示させるための施策。
  • ローカルSEOとは、MEOと同じ意味として使われることも多いが、Googleマップ上の表示を最適化させるだけでなく、検索する場所によって検索結果が変わるローカル検索全体の最適化まで含まれる。
  • スマートフォンの普及とGoogleによるテレビCMの影響もありローカル検索は増えている。
  • ローカル検索したユーザーは高い確率で来店や購入につながっている。
  • ローカル検索の検索結果で上位表示させるにはGoogleマイビジネスの登録と運用が必須