Googleマップに店舗・会社を表示する!グーグルマイビジネス登録法

目次

登録前にGoogleアカウントを用意する

Googleマイビジネスを管理するGoogleアカウントにログインした状態で作業を進めます。

Googleのアカウントを持っていない、あるいは個人アカウントではなく、お店や会社用に新規アカウントをつくる場合は以下のリンクからアカウントの作成をしてください。

Google アカウントの作成

店舗・会社情報をGoogleマイビジネスに新規登録する

ビジネス情報の新規登録

以下のリンクからGoogleマイビジネスの登録画面を開きます。

Google マイビジネス - Google で顧客エンゲージメントを促進
Google マイビジネスの無料のビジネス プロフィールを使うと、Google 検索や Google マップで近隣ユーザーによる顧客エンゲージメントを促進できます。

緑色の「 使ってみる」のボタンを押します。

ビジネス名の入力 <ビジネス情報の新規登録画面>

最初にビジネス名を登録します。店舗名や会社名を正式名称で入力します。
ここに検索キーワードやキャチコピーなどを含めるのは規約違反になるので注意してください。

住所を入力 <ビジネス情報の新規登録画面>

次にビジネスの所在地を入力します。

入力すると地図が表示されるので、正確な位置にマーカーがくるようにします。

カテゴリーの選択 <ビジネス情報の新規登録画面>

次に、ビジネスのカテゴリーを設定します。

カテゴリーは選択するのみで、独自のカテゴリーを設定することはできません。より一般的で、ビジネスを的確に表すカテゴリを選択してください。

後から管理画面で変更することもできますが、オーナー確認をした後の場合、再度オーナー確認が必要になることがあるようです。

また、メインカテゴリーは一つですが、サブカテゴリーは複数設定することができます。

連絡先情報の入力 <ビジネス情報の新規登録画面>

次に連絡先情報を入力します。
これはお客様が問い合わせをするときに使うものです。

最新情報を入手するかの選択 <ビジネス情報の新規登録画面>

Googleからの情報を受け取るかどうかの選択をします。

以上で最低限の情報登録が完了しました。

オーナー確認 <ビジネス情報の新規登録画面>

この後オーナー確認の画面が出たら、ハガキの郵送手続きを画面に従って行います。
ハガキが到着したら管理画面にある「オーナー確認を行う」から確認コードを入力して完了です。
オーナー確認が完了するとGoogleマイビジネスの全ての機能が使用できるようになります。

確認コードの受け取り方法はいくつかあるようですが、ビジネスの内容や登録する時期によって選択できる受け取り方法が違うようです。

表示されている選択肢の中から最適なものを選んでください。

・ハガキでの受け取り
・電話での受け取り
・メールでの受け取り
・Google Search Consoleでの即時オーナー確認
など

Googleマイビジネスでビジネス情報の登録・編集・更新をする 

Googleマイビジネスの管理画面ではより詳しい設定ができるようになっています。
さっそく「情報」をクリックしてより詳しい情報を入力しましょう。

既に入力した情報もここで修正することができます。

できるだけ詳しい情報を登録するのですが、登録時に入力した基本情報の他に最低限入力する項目を紹介します。

サービス提供地域を入力する <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

特定の地域に絞ってサービスを提供している場合は、市区町村か郵便番号で地域を指定することができます。以前は距離で地域を指定できたのですが、今はできなくなっているようです。

営業時間を入力する <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

お店や会社の営業時間を設定します。

臨時休業・特別営業時間の日を入力する
<Googleマイビジネス管理画面ー情報>

元旦や祝日など不定期な休みは「定休日」の項目で設定できます 。

また、特定の日の特別な営業時間の設定もこの項目で設定できます。

電話番号を入力する <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

メインの電話番号の他に、携帯電話など2 つまで登録できます。

ウェブサイトを入力する <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

お店や会社のウェブサイトを入力します。
ホームページを持っていない場合は、Googleマイビジネスの機能で専用のWEBサイトをつくることができますので、そのサイトを作成後に登録することもできます。

メニュー・サービスを入力する <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

飲食店であればメニュー、その他であればサービスを価格と一緒に表示することができます。

グループに分類して、整理することができ、検索結果に表示されます。

属性を入力する <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

この項目は表示されている項目から選択するしかありません。該当するものがあれば登録しましょう。

ビジネスの説明を入力 <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

何のビジネスをしているのか、ミッションやビジョン、独自の強み、誰のためにどんな商品・サービスを提供しているのかについて説明欄に記載します。

自由に文章を入力できますが、Googleのガイドラインがあります。

代表的な禁止事項は、以下の3つです。

  • 他のサイトへのリンクを入れてはいけない
  • キーワードを不自然にたくさん書いてはいけない
  • クーポンなど割引、セール情報を書いてはいけない

割引情報やイベント情報は「投稿」を使って告知します。


開業日を入力 <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

ビジネスを開始した日を入力します。

開業前でも開業予定日として1年先まで登録できるようですが、90日前からしか表示されません。

写真  <Googleマイビジネス管理画面ー情報>

写真を投稿する <Googleマイビジネス管理画面ー情報ー写真>

Googleマップからお店や会社の情報を確認するお客様は必ず写真を見て判断します。

それだけ写真は重要な役割を果たしていますので、はじめての来店・来社を検討している人が魅力を感じるような写真を用意します。

  • お店や会社の外観
  • 室内の写真
  • スタッフの写真
  • 商品やサービスを表現している写真

各テーマで4~5枚の写真をアップしておきます。
商品・サービスの写真はメーカーから提供されている画像ではなく、撮影したものを使います。(実際のお店・会社の写真でなければ検索ユーザーの役に立たない、というのがGoogleの考えなので削除される可能性が高い)

ロゴ写真・ カバー写真
<Googleマイビジネス管理画面ー情報ー写真>

カバー写真やロゴ写真は第一印象を決めるポイントになります。

お店や会社のイメージが伝わる明るい写真を使うようにしましょう。

店舗コードを設定する 上級者向け
<Googleマイビジネス管理画面ー情報>

複数の店舗や事業所を管理している場合に、任意の英数字を割り振ることができる項目です。

1店舗の場合は必要ありません。

ラベルを設定する 上級者向け
<Googleマイビジネス管理画面ー情報>

複数の店舗や事業所を管理している場合に、ラベル機能を使ってグループ分けして管理することができます。

Googleマイビジネスにおけるリスティングとは

Googleマイビジネスにおけるリスティングとは、各店舗や会社ごとに登録した情報のことを指します。

写真や記事など投稿した情報の掲載が終了する時に、リスティングでの掲載が終了する、といった知らせが来ますが、これは投稿した情報の表示期間が終わり表示されなくなるという案内です。

Googleの広告でリスティング広告と呼ばれるものとは関係ありません。

Googleマイビジネスでオーナー確認だけをしたい場合

グーグルマップ上に店舗や会社の情報があるけれど、オーナー確認をしていない、あるいはオーナー確認をしていないにもかかわらず、既にオーナー確認がされている場合の対処法を説明します。

まだグーグルマップ上にお店や会社の情報が表示されていない場合は、この記事の最初にある新規登録の手順で進めてください。

マップ上に店舗や会社の情報はあるがオーナー確認をしていない場合

自社で登録していなくても、Googleマップ上に店舗や会社の位置情報が載っている場合があります。

これは、GoogleがWEB上のデータを収集して掲載しているか、ユーザーが登録をしたためにマップ上に表示されています。

この場合、Googleマイビジネスを使うために オーナー登録をする必要があります。

Googleマイビジネスを管理するGoogleアカウントでログインした後、Googleマップ上で自店・自社をクリックします。

住所や電話番号などと一緒にある、

「ビジネスオーナーですか?」というこのような表示↓

これをクリックすると、新規登録と同じような登録画面が表示されますので、あとは画面に従って登録を進めていくだけです。

既に誰かがオーナー確認を行っている場合

Googleマイビジネスに登録したことがないのに、Googleマップ上に自社の情報があり、「ビジネスオーナーですか?」の表示もない場合は、他の誰かがオーナー確認を済ませている可能性があります。

稀なケースだとおもいますが、その場合は、Googleに対して申し立てをすることができます。

まずGoogleマイビジネスの登録画面を開きます。

Google マイビジネス - Google で顧客エンゲージメントを促進
Google マイビジネスの無料のビジネス プロフィールを使うと、Google 検索や Google マップで近隣ユーザーによる顧客エンゲージメントを促進できます。

次にビジネス名の入力画面で、Googleマップ上に登録されている名称をそのまま入力します。

すると、オーナー確認が完了しているという案内が表示されるので画面に従って進めていくと申請が完了します。

申請してから約一週間ぐらいでGoogleからの返信があるようですので、しばらく待つ必要があります。

申請が承認されれば、Googleマイビジネスでビジネス情報を管理できるようになります。

まとめ

Googleマイビジネスは登録だけでなく、運用するのもとても簡単にできます。

Googleマイビジネスの登録代行や運用代行をする会社もありますが、 パソコンやスマホ、インターネットに苦手意識がある人でも画面をよく見て進めていけば自分でできるようになっています。

地域ビジネスをしているなら、ぜひチャレンジしてみてください。