Facebookからのアクセスを考える

Facebookやってますか?

私はブログ記事の紹介をFacebookに投稿して、
ブログ記事を読んでもらおうとしています。

先日、久しぶりにGoogleのアクセス解析ツール
を使ってどんなキーワードで記事を見てもらえて
いるのか調べていました。

こんなキーワードで検索をしているのか、と
勉強になり面白かったのですが、問題は
Facebookからのアクセスです。

何が問題なのかと言うと・・・

滞在時間がとんでもなく短い!

キーワード検索からの読者は2分以上記事を
読んでもらえていたとしても、Facebookから
の読者はなんと40秒とか・・・

明らかに記事が読まれていないですよね。

ある程度は予想していたのですが、
その予想をはるかに超えた結果に驚きです。

なぜそのような違いが出るのかと言うと、

読者の心理状態が違うからです。

キーワードで検索している人は、完全に
その情報を得たいと思って行動しています。

しかし、Facebookからの読者はたまたま
見つけた記事の紹介をクリックしただけ
なので、そもそも長い文章を読むつもりはない、
ということなのです。

Facebookでの投稿でも長い記事であることを
匂わせたつもりだったのですが、
全然意味がなかったようです。

短い時間しか滞在しないことがわかっている
アクセスを記事に流すことが記事を上位表示
させたい場合に、いいことなのか・・・

正解はGoogle先生にしかわからないことですが、
こういった場合はやはり改善すべきだと思います。

なぜなら、

理想としては、Facebookから来た人が
記事を読んでいいね!やシェアをしてくれる
ことのはずです。

それがなくて滞在時間が
短いということは喜んでもらえていない
ということになるからです。

Facebookに記事の紹介投稿する場合は
真面目にガッツリ読んでもらう記事ではなく
ライトな1分で読んで、理解して、いいね!
したくなる記事にした方が良さそうです。

何事もテスト!ですね。

勉強になりました。