集客のアイデアに|メディア・広告媒体まとめ

集客に使えるメディア・広告掲載できる媒体はたくさんあります。いつも同じメディアを使ってばかりではなく、たまには新しい方法にチャレンジしてみるのもいいですね。

集客・広告に使える代表的な媒体をまとめてみました。

集客・広告に使える代表的な媒体 インターネット編

ホームページ・ブログ・動画

インターネット集客の基本。情報発信してアクセスを集める努力が必要。

ブログ記事などのテキスト型、インスタグラムを代表とした画像型、そして動画、そこにインターネットラジオなどの音声型とそれぞれに一定のユーザーがいるなかで、YouTubeを基本とした動画配信が今後の主流になると言われています。

どのメディアで勝負するかは見込み客がいるかどうかと、向き不向きによっても変わってきますが、配信する情報の良し悪しが成功のカギを握っていることに違いはありません。

ガンガン集客できるホームページをつくるコツ|小さな会社・個人編
起業家が集客できるホームページを作ために必要なポイント・コツを紹介します。集客できるホームページと集客できないホームページの違いも解説しています。

無料ブログ

アメブロ、Seesaaブログ、はてなブログなど無料で提供されているブログサービス。規約により商用利用が不可の場合がある。

ブログを始めるならとりあえずアメブロから、という時代もありましたが、今ではビジネス用途で積極的に取り組む媒体とは言えません。

その理由はサービスを提供している会社の規約変更に大きく影響を受けることと、ブログサービス内のアクティブユーザー数が減る傾向にあるからです。

しかし、ブログサービス内に見込み客がいる場合は取り組むべきでしょう。

もし見込み客がいない、あるいは少ないのであれば無料で始めることにこだわるべきではありません。

有料広告

Google、ヤフーに代表されるインターネット上の広告主に検索結果に表示されるタイプとWEBページ内に表示されるパターンがある。キーワードによっては高額な広告費が必要になる。狙う顧客を絞り込む必要がある。

また、Facebook、Twitter、インスタグラムなどのソーシャルメディア内の広告もある。検索型の広告のように購買意欲が高いわけではないので、購入に至るまでの流れを考えてから使う必要がある。うまくやれば安い価格で見込み客を獲得できる。

いずれも広告運用の最適化が必須なので、基本的に専門の広告代理店に依頼する必要があります。

自分で広告運用をする場合は、まずは一つの媒体に絞って広告を運用し、良い結果がでるまで他の広告には手を出さないことです。

特にグーグルやヤフーといった検索型の広告とソーシャルメディアの広告はまったく客層が違うのでアプローチの仕方も変わります。

媒体ごとの特徴をよく理解して取り組まなければ広告予算があっという間に燃え尽きてしまいます。

ソーシャルメディア

Facebook、Line、インスタグラム、Twitterなど。

ホームページやブログ同様に情報発信に有効。顧客とのつながりを強化できるのはソーシャルメディアならでは。その反面、ある程度のリアルタイム性が求められる傾向があり、管理面でわずらわしさがある。

Facebookの個人アカウントをビジネス用途で使っている人がたくさんいますが、個人アカウントを商用利用することはFacebookでは規約違反です。

昔のアメブロのようにアカウント削除が一斉におこなわれた、という話は聞きませんが、いつアカウントを削除されてもおかしくありません。

ビジネス用にはFacebookページを使うなど、メディアごとの規約を理解して使うようにしましょう。

クーポンサイト・ランキングサイト

食べログ、ぐるなび、ホットペーパービューティー、楽天ビューティーなど業界・業種に特化したサイト。ほとんどのサイトに無料と有料のプランがあり、有料プランで集客するのが一般的。

超メジャーなサイト以外にもさまざまな業種で多数のサイトがあり、検索結果の順位が高ければ有料プランを検討する価値はある。

まずは自分の業界でどのようなランキングサイトがあるかを確認しましょう。

電子書籍

現状はAmazonのKindle、AppleのiBooks、楽天のKoboが主なの電子書籍の市場となります。

それぞれに互換性がなく、独立した市場になっているため電子書籍を出す場合はAmazonのKindleが最有力候補になるでしょう。

書籍はタイトルが命、そこに電子書籍の場合は表紙のデザインも重要になります。

大量の集客は期待できないとしても、本の内容を読んだうえで問い合わせやメルマガに登録してくれた人は濃い見込み客となります。

一番に取り組むことではありませんが、商業出版とは違い誰でも出版できるので、余裕があればチャレンジしてみる価値はあります。

集客・広告に使える代表的な媒体 オフライン編

折込チラシ・ポスティングチラシ

配布エリアや配布時期など自由度が高く、たくさんの情報を掲載できる。紙のコスト・配布コストが意外と高い。反応率はチラシの内容次第なので何回もテストして精度を高めていくことを前提に取り組むべき。

デザイン?オファー?もう悩まない!反応がとれるDMの作り方
チラシやDM、ホームページなど高いお金をかけて作ったのに反応が無い!そんな場合は何かが間違っているからです。販促物ではずしてはいけないポイントを解説します。

ダイレクトメール・FaxDM

ダイレクトメールは郵送費が高いのでどのようなリストに対して発送するかが重要になる。FaxDMは最低でも5000件以上のデータが欲しい。

どちらも内容により当たり外れが大きい。

新聞・雑誌・業界紙

全国や県など広い範囲が商圏となる。スペースの都合上あまり情報を載せることができない。基本的に高コスト。専門雑誌・業界紙は新聞よりも反応が良いケースがある。

フリーペーパー

狭い商圏でも使うことができる。スペースが小さく、あまり情報を載せることができない。読者が少ないので大きな反応は期待できないが、数が必要でない個人や小さな会社であれば有効な媒体になることもある

新聞と一緒に投函されるもの、店舗や路上で配られているものを意識して見ていると意外とたくさんあることに驚くかもしれません。もちろん全てのフリーペーパーが広告を掲載できるわけではありませんが、「広告が出せる場所はないかな」というアンテナは張っておくべきでしょう。

書籍の出版

電子書籍ではなく紙の本を商業出版または自費出版する方法です。

本を出版するというとかなり難しいことのように感じる人もいますが、執筆作業は本人ではなくライターに任せている人も多い業界です。

最近は商業出版のコンサルタントもいるので昔ほどハードルは高くはありません。

とはいえ、『人に語るだけの何か』がないといけないのは事実です。

本を一冊出版できれば、周りの人の見る目が変わるので、間接的に集客に役立つことは間違いないでしょう。

ラジオ・ケーブルTV・地方TV

地方のケーブルTVやラジオは安い広告枠がある場合もある。専門業者によるCMの作成費が必要。

特に地方のラジオは常にスポンサーを探しているので、安くスポンサーになれる場合もあるようです。自分が番組に出演することによって広告宣伝の効果が期待できそうであれば検討する価値はあるでしょう。

看板

実店舗への誘導看板などは、広告会社が入っていない看板を見つけられるととても安い場合がある。

高い費用を受け入れて、積極的に広告を出せるようになる考え方

どのような媒体に広告を出すにしても、新規顧客の獲得コストは高いものです。個人や小さな会社は毎月たくさんの顧客を獲得しなくてもビジネスとしてやっていける場合が多いですが、安定した集客や売り上げをコントロールできるようになることを目指すならば広告による集客が必須です。

それには高い広告費を払うことができる利益が必要になります。

広告を積極的に出せない最大の理由は広告から発生した売り上げではマイナスになり広告費をまかなえない。または、良くてプラスマイナスゼロで利益がでないということです。

しかしこの考え方は危険です。なぜならその広告費を出しているライバルがいるからです。ライバルたちはなぜ広告を出し続けることができるのでしょうか?

その理由は恐らく、ライバルたちは初回の取引では利益を取らず、リピート購入など2回目以降の取引で利益を得ているからです。

そのような考え方の違いがあり、そしてそれを可能にする販売のプロセスを構築しているから初回の高い広告費を受け入れることができるのです。

ホームページや口コミ、紹介など無料の集客はとても魅力的ですが、集客方法が限られているとその効果が亡くなったときに致命傷を負うことになります。

日頃から幅広い集客方法を構築していきたいですね。