黒字化するには窓掃除から

先日窓掃除を1時間かけてやりました。

以前から窓の汚れが気になっていたのですが、
ずっと先のばしにしていました。


毎日窓を見るたびに、

掃除しないと・・・

と思うのが嫌になってやっとやることに。

お昼ご飯を早く済ませて、作業開始です。

なんでこんなに汚れるんだろう、
と不思議に思うほど汚れていましたが、

ガラスが透明になってくると自然と
気分も良くなります。

掃除しながら思い出したのが
斎藤一人さんのことばです。

「業績が悪くなると会社の窓が汚くなる。
 だから窓の汚いお店や会社は気を付けろ。」

斎藤一人さんと言えば銀座まるかんの創業者で
高額納税者としてだけでなく、自己啓発の世界
でも有名な人です。

確かこんなこと言ってたなあ、と考えていると
自分も会社員時代に赤字店舗に配属された時、
窓ガラスの汚さに驚いてすぐに掃除したのを
思い出しました。

あの時は斎藤一人さんのことは知らなかったのですが、
単純にお店のガラスが汚いと感じて掃除していました。

今までたくさんの店舗や事務所を見てきましたが
業績がいいところはどこも整理整頓されていて
窓もキレイです。

時々、事務所や倉庫が汚いところもありますが、
そういう会社は働かされている人ばかりで、
チームワークとか協力して何かに取り組むことが
できない、ある意味人の問題を抱えている会社です。

赤字続きだったハウステンボスを黒字にした
澤田社長が最初に従業員に伝えた3つのことの1つが、

「キレイに掃除しましょう」

だったそうです。

業績が悪化すると必ず後回しになる
整理、整頓、清掃ですが、実は一番最初に
取り組むべきことなんですね。