自力でモデリングは危険

夢を叶える、あるいは目標を達成するためには
成功者をモデリングすればいいと言われています。

既に上手くいっている人のやり方を
そっくりそのままマネをする。

そうすれば、同じような結果を得ることが
できるという話です。

全くその通りだと思いますが、
一つ注意すべきことがあります。

それは、自分が見えている部分だけを
マネてモデリングしたつもりになっている
ケースが非常に多いということです。

人は誰でも、ふだん意識していることや
知識によって目に見えること・ものが変わります。

今の自分に見えていないことが
実は一番大切なことだったなんてことも
普通にあるわけです。

同じように自分に欠けていることを
客観的に判断できる人はほとんど
いないでしょう。

本来、モデリングするためには
モデルとなる人の行動だけでなく考え方も
深く理解してそれをマネしなくてはいけません。

つまり、モデルとなる人にできるだけ近づき
会話をして直接学ぶことを通して
身につくものなのです。

モデリングしようとするなら、
その人と仲良くなり、少しでも
長く一緒にいる時間をつくることが
とても大切になります。

しかしあまりにも有名人すぎる人や、
既に亡くなっている人の場合は、
そもそも近づくことができません。

その場合は書籍や映像などに何度も
触れるしか方法はありません。

特に書籍は読むごとに理解が深まる
傾向にあるので、何度でも読み返す方が
いいのですが、結果が出るのは遅く
なってしまいます。

モデリングする相手を誰にするか、これも
短期間で夢を叶える重要な要因でしょう。

今の自分の3年先をいっている人ぐらいが
モデリングするにはちょうどいいのでは
ないでしょうか。

そのぐらいの人であれば、親しくなって
同じ時間を過ごすこともできるはずです。

何事も独学は一番難しいやり方です