答えは社長の1m以内にある

無い。
どこを探しても無い。

車のカギが行方不明なんです。

もう散々いろんな場所を探しました。

服のポケットやカバンのポケット、
絶対になさそうな引き出しの中まで。

でもないんです。

嫁に聞いても、子供たちに聞いても
誰も知りません。

なんでどっかいくの?
意味わからん。
もしかして間違えて捨てた?

キーケースごと捨てるなんて
誰もしないはずですが、
だんだん思考がおかしくなってきています。

30~40分探した頃でしょうか。

嫁が『あるやん』といって
見つけてくれました。

どこにあったん??

聞くと、普段仕事している机の上だとか。

ウソでしょ?
ホントにそこにあった?

どうやら本当に見えていなかったようです。

いつも置いている場所とは違うけど、
いつもいる場所にありました。

実は同じようなことは、
コンサルをしている時も経験します。

どうやったらお客様のリピートを増や
すことができるのか一緒に考えて欲しい。

そう言われたときも、販売実績を
調べていくと、優良顧客の方が
購入するパターンがあっさりと
見つかりました。

その購入パターンを雛形にして
どの商品をいつ誰に対して
案内するかを落とし込みます。

まだまだ改善の余地はありますが、
実際にやってみると、
ちゃんと反応がありました。

このような販売データも
実は社長のパソコンの中には
普通にあるものです。

人は誰でも、
普段は見えるけれど、見えないときが
必ずあるということかもしれません。

他人のことは冷静に判断できても、
自分のことになると難しいのと同じ
ですね。

私が30分以上探し続けたように、
見えないときはトコトン見えないものです。

常に誰か冷静に見てもらえる人に
そばにいてもらうのがいいですね。