捨てる派?それとも捨てれない派?

世の中にはすぐにモノを捨てる人と
捨てれない人がいます。

私は捨てる派、嫁は・・・

元捨てれない派かな?(最近はそうでもないので)

私が何でもすぐに捨てようとすることを
知っている家族は、何かモノやプリントが
見当たらないとすぐに私に対して

「もしかして捨てた?」

と聞いてきます。

知らんし・・・

そもそも、そんなところのモノを
普段触らないのに聞いてくるって
どういうこと?と言いたくなるのですが、

中にはもしかしたら・・・

と思うこともあるので、何とも言えません。

とは言え、私も最初から捨てる派だった
わけではなく、社会人になってからです。

会社で終わらない仕事を常に抱えて
作業効率を考えだして、あれこれ試して、
やっと捨てなければ無理ということに
気付いた感じです。

捨てられるようになってからは
ほぼ何でも悩まずに捨てることができる
ようになりました。

でもさすがに、ミニマリストとかいう
極端にモノを持たない人達のようには
なれそうもありません。

ある研究結果では、ビジネスパーソンは
年間150時間を何かを探すことに使っている
そうです。

1日にすると約30分ぐらいなので
ありえる話だと思います。

年間150時間だと、1日8時間労働でも
19日分です。

それを半分に減らすことができれば、
年間約10日分の時間がういてきます。

時間がない、仕事が終わらないと
思うことが多ければ、

まずは捨てることから始めてみては
いかがでしょうか。