成功している個人や小さな会社が共通して取り組んでいること

私はビジネスがうまくいっていなかった時、

「あともう少し売り上げがあれば・・・」
「どうすればあと少しを上積みできるだろう・・・」

そんなことを毎日考えていました。

私は物販をしていたので、基本的に毎日
売上は発生していました。

しかし、足りないのです。

高額な商品を月に数本売るような商売では
なかったので、日々の積み重ねが大事です。

だからこそ、毎日「あともう少し」の売上を
プラスすることを考えていました。

しかし、受注と発送など注文の処理、仕入れ、
サイトのメンテナンスなど、毎日やることは
たくさんあります。

単価を上げようと努力したこともありました。
でも売れませんでした。

もっと数が売れるようにしようと安売りを
したこともありました。
でも忙しいだけで利益が残りません。

結果的に、多少の利益が残るそれなりに
安い価格で販売する。

いつもそんな状態に落ち着きます。
でも、これでは大勢のライバルと同じです。

選ばれる強力な理由があるわけでもないので、
それなりに売れても、毎日不足している
「あともう少し」が売れることはありません。

たとえ売り上げても、それが継続することは
ないですし、作業量も膨れ上がります。

他の人はどうやってるんだろう?

そんな疑問から個人や小さな会社で
うまくいってそうな人を見つけては話かけて
質問するようになりました。

話を聞いた人の職種は物販に限らず、
コンサルやコーチ、会計士、税理士、
美容室、リフォーム会社、治療院など
ほんとに手あたり次第といった感じです。

何かヒントになれば。
そう思って聞いているといくつかの
パターンが見えてきました。

一つは薄利でも量をこなしている人。
量をこなす仕組みを作っている人と
本人が量をこなしている人がいますが、
とにかく薄利です。

しかしお金は回っている感じです。

もう一つは本当に利益が残っている人。
この人たちは不思議なくらい余裕があります。

たとえ小さくても、会社組織の場合は
実働を社員に任せることができれば
社長に時間の余裕ができることは
想像できます。

しかし、個人でビジネスをしている人
でも作業に追われることなく、安定して
売上を上げている人がいます。

それは物販とかエステとか治療院とか、
業種。業態に関係なくです。

そして、その人たちは共通してある一つの
ことに取り組んでいました。

それは・・・

リストマーケティング

という方法です。

なるほど、じゃあ早速取り入れよう!
ということで、見よう見まねで
やってみるのですが・・・

思うようにはできません。

それからずっと、リストマーケティングを
どうすれば自分のビジネスに取り入れる
ことができるのか、試行錯誤の日々です。

リストマーケティングはそれ自体を知って
いても、実際にビジネスに取り入れて、
うまく機能させている人はとても少ない
ようです。

その理由と多くの人がつまずくポイント
について次回お伝えします。