想いは語ろう

昔からの友人2人と飲みに行きました。

一人は営業マン。もう一人は総務をしながら
社長の片腕として小さな会社を切り盛りしています。

二人とも会社員なので、上司や部下の悩みや
給料の話などで盛り上がります。

私も15年くらい会社員の経験があるので
よくわかりますが、業種が違うとはいえ、
共通する部分はやはり多いようです。

そして、人手不足の問題も当然のように
共通しています。

ここ数年はビジネスが上手くいっているように見える
まわりの経営者もみんな人手不足だと言ってますね。

そもそも人手が足りていると感じる時は
売上が低下しているケースがほとんどなのですが、

人材募集をしても誰も応募してこない、というのが
最近の傾向のようです。

なぜ応募がゼロなのかというと、

募集している側と応募する側の条件が
一致していないからです。

こういうと、当たり前だと言われそうですが、
募集している会社やお店にはそのような
認識はあまりありません。

というか、働き手が望んでいる条件に
合わせる努力をしていません。

これは商品やサービスを販売するのと
同じです。

仕事だから。

給料をもらうのだから。

そう言いたくなるのはよくわかりますが、
お店や会社の良さを働き手に響くように

伝えなければ、誰も来てはくれないのです。

他ではなく、自社を選んでもらえる理由を
とことん考えて、それを伝える。

商品やサービスが売れるのには理由があるように、
人が集まるのも理由があるはずです。

社長や店長の人となり、理念やミッション、
何をやりたいか。

昔からそうですが、最近は特にこういった
『想い・夢』を上手く伝えることが
必須になってきている気がします。

まさに、

サイモン・シネック の「WHYから始めよ!」
ですね。