売れ筋商品の次に売るものありますか?

夜遅く家に帰るために大阪駅で電車を
待っていた時のことです。

今日は疲れたなー

と、ボーっとしていると
頭の中でイーグルスのホテルカリフォルニアの
メロディが流れてきました。

最近聞いてないな・・

さっそく、Youtubeで検索します。

便利ですよね。

古いか新しいかに関係なく、ほとんどの
音源はYoutubeで検索すると出てきます。

家でも子供たちは聞きたい音楽があると
Youtubeで検索して聞いています。

私が小学校の頃はラジオ番組をカセットテープに
録音して聞いていたものです。

まだレンタルレコード(古い!)の時代で
レンタル代も高かったのでかりれなかったんですよね。

なので、ラジオの30分とか60分の音楽番組を
全部録音して、

カセットが2つ入るダブルデッキなんて
家になかったので、ラジカセとステレオを
コードでつないでダビングして、

お気に入りのテープをつくっていました・・・

懐かしいなあ。

こんなことを知らない年代の人も
たくさんいるでしょうね。

インターネットの普及と共に、音楽も無料で配信
されることが多くなりました。

いわゆるフリー戦略です。

音楽は昔からシングルカットされた曲は
タダで聞けましたが、今ではアルバム全曲が
タダで聞けることも珍しくありません。

なぜアルバム全曲を無料にするかというと、
業界の収益構造にあります。

ミュージシャンや音楽レーベルはコンサートや
グッズ販売で多くの利益を得ています。

これは昔からそうで、ローリングストーンズは
コンサートから8~9割の収入を得ていると
言われていたほどです。

そこで、コンサートとグッズ販売の売上を
最大化する方法を考えた場合、

発売するアルバムをたくさんの人に聞いてもらい
コンサート会場に足を運んでもらうことが
一番いい、ということになります。

このやり方は新人からトップアーティストまで
たくさんの成功事例があり、今では多くの
ミュージシャンが採用している方法です。

少し見方を変えると、健康食品や化粧品の
業界も昔から無料サンプルを配り、
気に入ってもらった人にリピートをして
もらっています。

あるいは、家づくりに役立つ無料の小冊子を
配り、注文建築を受注する工務店もあります。

もう少し見方を変えると、楽天は楽天市場で
たくさんの人を集めて、ポイントと
楽天カードを中心とした金融商品で大きく
稼いでいます。

目の前に見えるモノやサービスでは
あまり儲からず、赤字であっても、
そこで人をたくさん集めることができれば、
その後、利益を得ることが可能になります。

もし、今一番売れている商品・サービスを
無料か半額以下にして客数を増やした場合、
その後に何を売れば利益を得ることが
できるでしょうか?

集客商品と利益商品をつくり、仕組化すれば
ビジネスを大きく発展させることできます。

頭の体操として楽しみながら考えてみてください。