地域ビジネスに必須のGoogleマイビジネス活用してますか?

Googleマイビジネスという無料の
サービスを知っていますか?

そこにビジネス情報を登録しておくと
キーワード検索やGoogleマップでの
検索結果に表示される確率が高くなります。

少なくともGoogleマイビジネスに登録して
いなければ、登録しているライバルよりも
不利になることは間違いないでしょう。

Googleマイビジネスの公式な説明は以下です。

『Google マイビジネスは、Google 検索や
Google マップなど、さまざまな Google サービス上に
ビジネスや組織などの情報を表示し、
管理するための使いやすい無料ツールです。』

Googleマップに店舗・会社を表示する!グーグルマイビジネス登録法
ローカル検索やMEOなど、Googleマップに表示されて集客にもつながるGoogleマイビジネスの登録方法を紹介します。
新しいタブで開く)

基本的にはGoogleマップに店舗名や
会社名が表示されやすくする目的で
ビジネス情報を登録しておきます。

よくみると名前と住所は登録はしてあるけれど、
詳細なデータがない、というケースが多くあります。

これも、検索に対する上位表示を狙う
方法で、ここ数年注目されています。

その理由はGoogleが積極的に地域情報を
検索結果に表示するようになったことが
あります。

以前は、地域名を検索キーワードに
含めなければその地域の情報は表示されませんでした。

しかし、徐々に地域名を含まない
検索キーワードに対しても、
検索している人がいる場所を中心にして
近い地域の情報を表示するようになって
いるわけです。

例えば、『ラーメン』と検索すると、
近くのラーメン店の情報が表示される
といった具合です。

このように、Googleは検索キーワードによって、
地域情報を表示した方がいいかどうかを
判断してします。

『ラーメン』だと誰でも地域の情報が
表示されると想像できますが、
簡単に想像できないような検索キーワードでも
地域情報が表示されています。

その地域情報で大きな役割を果たしているのが
Googleマップです。

『税理士事務所』など業種名で検索した人に
対して近くにこんな税理士事務所があります、
とGoogleマップで表示されるわけです。

そこで目立つ位置で表示させるためには
Googleマイビジネスへの登録が
不可欠です。

他にもいろいろな対策方法がありますが、
まずはGoogleマイビジネスに
詳細な情報を登録しておくことがら
はじめてみましょう。