商品が売れやすいときにちゃんと売る

商品が簡単に売れる状況

それはいつ、どんなときだと思いますか?

一番単純な答えは、需要が供給を
上回ったときですね。

ただ、そのような状況はほとんど
ありませんし、あっても長くは
続きません。

その他で、どのような時が
商品が簡単に売れると思いますか?

少し考えてみてください。




商品が簡単に売れるとき、

それは、

お客様が何かを購入した時です。

マクドナルドでいうと、

「一緒にポテトはいかがですか?」

というやつです。

実はこの

購入時に他の商品をお勧めする

という単純な方法だけで、

赤字から黒字に転換したお店もあるぐらい
有効な手法なのですが、ほとんどの
会社が真剣にやっていません。

そもそも、お勧めする商品がお客様にとって
魅力を感じるものでなくてはいけないので、
どの商品をお勧めするかが実は難しいのです。

以前、マクドナルドの社内接客コンテストで
優勝した人の話を聞いたことがあるのですが、

その人はポテトを勧めたり、
ホットコーヒーを勧めたり、
お客様によって提案する商品を
変えていたそうです。

その方は、お客様を見てその人が
喜びそうなものを見抜く力が人一倍あったから
コンテストで優勝できたんだろうなと思って
いました。

しかし、接客を始めた頃は断られてばかりで
言うのが嫌になったけれど、
言わなければいけないので仕方なく
自分なりに工夫を始めたのだそうです。

少しずつ売れるようになっていき、
だんだんと面白くなり、
更に工夫を重ねたらコンテストで
優勝できるレベルになっていた。

一見簡単そうに思える方法ですが、
実は奥が深くて、お客様の望みを
理解していないと上手くいきません。

でもハマれば売上が簡単に上がる。

指定された商品だけをあっさりと
販売していませんか?

あともう少し売り上げが欲しいなあ・・・

そう思っているなら、
真剣にやってみる価値は十分にある方法です。