個人や中小の会社が大手に負けずに顧客を獲得する方法

小さなビジネスをしていると、
大手に名前で負けてしまうことがあります。

自分たちの方がいい仕事をするのに。
大手ではできない細かな相談にものれる。

仕事に対する熱い想いや
お客様に喜んでもらいたいという強い想いが
あっても、それはカンタンには伝わりません。

そもそもビジネスでもっとも重要とされるのは
『信用』です。

大手は名前が通っているので、
お客様からすると既に一定の『信用』が
担保されているわけです。

戦う相手は既に一定の『信用』を得ている
こちらは『信用』がない

この構図を意識して何をするかを考えると、

『自分を売る』

ということが最善の策になります。

実は『自分を売る』ことが有効なのは、
会社の規模には関係ありません。

たとえば、
大手住宅メーカーのお客様の声をみると、

「担当者の〇〇さんがとても誠実で信頼できる人だったから」

こんなのがよくありますよね。

住宅メーカーとしては、

耐震性
耐久性
デザイン
生活導線
など

その住宅の良い点をたくさんアピールしているはずです。

このような商品の良さには触れずに
『この会社から家を買った理由』として

担当者が信頼できたから、と多くの人が答えて
います。

それはつまり、売り手が思うほど

お客様は商品の差を感じていない
あるいは、商品の差がわからない

ということです。

商品がいいのは当たり前。
細かな違いを言われても専門的過ぎて判断できず、
よくわからない。

そんな時代に、モノやサービスを買う基準は

『誰から買うか』

になります。

大手の営業マンや店員で『自分を売る』ことが
できるのはごくわずかです。

『自分を売る』ことが小さなビジネスをしていく
うえで一番重要で、かつ一番簡単にお客様を
獲得する方法です。