ビジネスにおける強みとは

あなたの(会社の)強みは何ですか?

あなたはそう聞かれて、すぐに答える
ことができますか?

私はいつもクライアントの方に
この質問をします。

スラスラと答えることができた方が
いいのはもちろんなのですが、
中には「それは関係ないな・・・」と
思うようなことを答える人もいます。

実は多くの人がわかっているようで、
よくわかっていないビジネスにおける
強みについてお話しします。

ビジネスをする続けていけるかどうかを
左右する一番重要なことは、

「売る」ことです。

当たり前ですが、誰かに商品や
サービスを購入してもらわなければ、
ビジネスを続けていくことはできません。

さて、誰もが欲しがる「自分だけの強み」
ですが、なぜ強みが必要なのでしょうか。

答えは、見込み客に商品やサービスを
買ってもらうため、ですよね。

別の言い方をすると、

自分が選ばれるため

です。

つまり、「強み」とは見込み客からみて
販売者を選ぶ時の基準であったり、
購入に対してプラスとなる材料で
なければいけないわけです。

そこで、もう一度あなたに聞きたいのですが、

あなたの(会社の)強みは何ですか?

冒頭でズレた回答をする人がいる、
と言ったのは顧客から見て関係の
ないことを強みと言っている人の
ことです。

例えば、組織化している場合は、
人材が豊富
キャッシュフローが安定している
売掛金がほとんどない

といったことは、買う側からすると
どうでもよい話です。

一方、個人の場合は
ポジティブ思考
諦めずにやり通す
コツコツと続けられる

など性格やキャラクターを強みと
いう人がいますが、そこを売りに
して集客ができていない限りは
強みとは言えません。

個人のキャラクターが最終的に選ばれる
理由になるのは間違いないですが、
その良さを感じてもらうには少なくとも
話を聞いてもらわなければいけません。

一番難しいのは、どうやって話を聞いて
もらうか、の部分ですよね。

それはまるで、使ってもらえば良さがわかるのに・・
と言っている商品と同じなのです。

買う側から見た販売者を選ぶ理由

それが強みであり、他と差別化できる
ポイントになります。

次回は強みを見つける方法について
お話しします。