だからどうなるの?欲しい!を引き出す商品説明

売れない営業マン
売れないチラシ
売れない広告

売れない●●に共通することは

こだわりの~
最高品質の~
独自の~

という言葉があふれています。

これらは全てスペックの話です。

他との違いを説明しようとしているにもかかわらず、
聞いている人にはその違いが
伝わらない典型的なパターンです。

なぜ伝わらないか。

答えは簡単でライバルも同じような
ことを言っているからです。

「いやいや違うんだよ。うちの商品は~」

と、いくら語ったところで
その違いがわかるのは専門家だけです。

しかし、商品やサービスを購入するのは
専門家ではない、素人のお客様。

そこで必要なのが『価値』です。

「最高の素材を使った~」

ではなく、最高の素材を使ったから
お客様にとってどういいのか。

こだわりの、あるいは独自の製法で
つくったから、お客様にとってどういいのか。

スペックを説明して終わるのではなく、
だから、お客様にとってこんなにいいですよ、
という部分が抜けているのですね。

この商品・サービスを購入すると
何を手に入れることができるのが。
ここがお客様が本当に欲しいものです。

モノ、状態、感情、結果など、
売れている商品やサービスは
何が手に入るかを明確に伝えています。

『だからお客様はどうなるの?』

メッセージをつくる時に
この質問を繰り返してみましょう。

お客様に響くメッセージに生まれ変わりますよ。