いつでも主語はお客様

営業でもセールスレターでも
チラシでもWEBサイトでも

商品やサービスの話からは始める人が
たくさんいます。

商品の良さを伝えたい
このサービスを知ってもらいたい

たくさんの想いがこもった商品を
伝えたい気持ちはよくわかりますが、
お客様は商品やサービスに興味はありません。

この商品を手に入れた後の姿、
自分のすぐそこにある近い未来しか
興味がないのです。

もちろん全員とは言いませんが、
98%ぐらいはそうでしょう(笑)

クライアントの広告やWEBページの
アドバイスをする時も
商品について書きすぎているのを
指摘することがとても多いのです。

そんなことを言うと、

「商品の説明をしなければ
わかってもらえないでしょ?」

という反応が返ってきます。

このへんの感覚をつかめると
文章が一気に変わるのですが、

商品の説明をしないのではなく、
主語をお客様にするということなんです。

「主語をお客様にする」ということは、

あなた(お客様)はこうなりたいですよね
それを叶えるのがこの商品です。

なぜなら、〇〇だからです。

というような文章になってきます。

これが主語が商品やサービスの場合、

この商品は〇〇がすごいです。
だからこんな効果があります。

という文章になります。

チラシやWEBサイト、セールスレターの
見出しやキャッチコピーは
次の文章を読んでもらうためにあります。

この商品はこんなにすごです!

と言われても、「ふ~ん」で終わって
しまいます。

しかし、「自分のことだ」と思う

言葉が書かれていたら・・・・

多くの人が次の文章を読み始めます。

そしてそこから続く文章も
お客様を主語にして商品の特徴や売りを
伝えると最後まで読んでもらえるようになります。

チラシだけではなく、セールスをする場合には
まずは相手に興味を持ってらい
話を聞いてもらえる状態にすること、

そして、商品を語るのではなく、
お客様の現状と未来について語り、
そのなかに商品を入れいく。

文章が一気に変わるので、
一度お試しください。